忍者ブログ

カテゴリー「イラストソフト」の記事一覧

Painter12の基本操作と新機能 公開

今回は、SAIユーザーやPhotoshopユーザーが「これどうやるの?」と思いそうな部分を重点的に作って見ました。
動画の中身は次のとおりです(記入漏れあるかも)
・Painter用、SAI風作業領域はコチラ→DOWNLOAD

基本作業について
・画像を開く、解像度(さらっと程度)
・ブラシトラッキング方法
・ブラシの選択の仕方、オススメのブラシ(スクラッチボードなど)
・ブラシサイズの変更の仕方
・画面の左右反転、回転の仕方
・各パレットの伸縮について
・カスタムパレットの作成方法、少しカスタマイズ

新機能について
・ミラーツールについて
・万華鏡ツールについてと、それをつかったレース用ブラシの作り方
・リアル水彩、リアルウェット油彩について

今回は前回のPainter11の使い方(6分)から大幅に尺アップの15分程度になってしまいました。ですがこれを見ればきっとPainter触りたくなるはず!(◦´꒳`◦)

無料体験版はコチラから
http://www.corel.jp/painter/
PhotoshopやSAIなどを持っているユーザーは安く購入することができますよ。
Corel Painter 12 特別優待版
学割版はもっと安いかも。2万5千円を切るぐらいです。
Corel Painter 12 アカデミック版




-----------------------------------------------

拍手

PR

Painter 12 SAI風作業領域 つくってみました

sai-2010.jpg
SAI風インターフェイスを作ってみました。
ブラシや、ショートカットも使いやすくなっています。
>>SAI風<<
 

拍手


ペンタブレット、BambooはFun、Comic、ソフト無し、どれがいいの?

Wacomから発売されているペンタブレット、Bambooシリーズ。

大きく分けると
・ソフト無し
・ソフト有り(Comic)
・ソフト有り(Fun)

とまず3つからえらぶことになります。

どうしても安くしたい!という方はソフト無し+無料のソフト でも良いでしょう。
ソフトがあったほうがいい、というのなら、Funをオススメします。

ComicとFunではセットになっているソフトが違います。

Comic→Illuststudio mini 、ComicStudio mini
Fun→Photoshop Elements、Painter Essentials4

【Funが良い理由1】印刷にたえられるから
Comicに付属しているソフトは「800ピクセル以上の画像の出力ができません)
これは、はがきサイズの画像でも印刷ができない(できたとしても画像が荒い)ということになります。
http://q.hatena.ne.jp/1134521625

なので、印刷もしたい、というのなら断然Funのほうが良いのです。

【Funが良い理由2】お得だから
Photoshop Elementsは1万5千円、Painter Essentials4も8千円するソフトウェアです。合計23000円するソフトウェアが+1000円で手に入るのに買わないのは、愚行とも言えます。(言い過ぎだってw

【Funが良い理由3】ソフトの機能が良いから
正直言って、ComicStudioもIlluststudioも文字のレイアウトはおまけ程度です。Photoshop Elementsのほうが文字のレイアウトはしやすいですし、文字の種類もいっぱい入っています。
絵でもそうです。IlluststudioよりもPainter Essentialsのほうが筆の数が圧倒的に多い(95種類もある)のでアニメ系から水彩系、油彩系などありとあらゆるイラストが書きやすいです。アニメ系のぬりはPhotoshopでもできますので、線画だけにつかってもいいでしょう。書きやすいんです。

以上の点から、私はComicを買うぐらいならもうちょっと出してFunを買わないと「いろんな意味で損ですよ」ということを言いたいのでした。
 


拍手


ブログ内検索

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 勝手な情報局 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ