忍者ブログ

VideoStudioで文字を書き順通りに表示する方法

意外と多いこの要望。
VideoStudioで行うとなると、次のような方法が考えられます。

【Proの場合】
  1. 「ペインティングクリエイター」
  2. 「ペインティングクリエイター」とマスクの併用
【Ultimateの場合】
  1. HandScriptで作る方法
  2. Boris Graffitiで作る方法
  3. Roto Penで作る方法
「ペインティングクリエイター」とは、線を書き、それを表示してくアニメーションを作ることが可能です。線は鉛筆だったりクレヨンだったり色々選ぶことが可能です。

ペインティングクリエイターで塗りつぶしていけばいい!という発想で考えると、こんなことも出来ます。






【A:テキストの入力】
  1. 黒背景に白い文字を入力
  2. プレビュー画面の下にある選択のProjectをクリック
  3. 画面上部のメニューの[編集]>[静止画として保存]
【B:ペインティングクリエイターでの作業】
  1. 画面上部のメニューの[ツール]>[ペインティングクリエイター]
  2. 薄く文字が見えます。好きな色で書き順通りに文字を塗っていきます。※白い文字を隠していかないといけません。はみ出るぐらいがちょうどいい
  3. 完了したら、保存して閉じます。
【C:マスクへの設定】
  1. タイムラインに【B:】で作ったアニメーションを載せます。
  2. そのファイルをダブルクリックしてオプションパネルを開きます
  3. 「マスク&オーバーレイ」をクリックします
  4. 「オーバーレイオプションを適用」をクリックします
  5. 「フレームをマスク」にして、右側に表示されているサムネの隣にある「+」をクリックして、先ほどの画像を読み込ませます

こうすると、文字の間をくぐり抜けてアニメが表示されると思います。細かいものはコレだと面倒かも?

あと、欧文ならHandScript(Ultimateのみ)がすごい楽です。映画のエンドロールの「Fin」とかそういうのも作れます。

Boris Graffiti(Ultimateのみ)を使う方法もあります。
これはかなり高度で、文字を入力したあと、マスクを細かく設定して、文字の表示範囲を広げていくという方法です。After EffectやFlashでもよくある手法ですが、凄い面倒。

Roto Pen(Utlimateのみ)も思い浮かびましたが、元々地図に線を書く「マップウォーキング」のための機能で、ただ線を残して表示していくことが出来るだけで、しかも線の種類が限定的なのと、画数が多いものが苦手、漢字の角とかが苦手なので、文字には向いてない気がします。

さて、いかがでしたでしょうか。
思い通りの表現ができるといいですね!

拍手

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Copyright ©  -- 勝手な情報局 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ