忍者ブログ

アクセスログ クエスチョン:6月

【アクセスログ クエスチョンとは】

当ブログに設置されているアクセス解析が反応したキーワードについてピックアップしていくコーナーです。いわゆる「訪問者さんが知りたい情報はこういうことだ!」という、良く言えば質疑応答?悪く言えばネタ探しです。



100%正確に汲み取れるとも思いませんし、間違った情報を掲載することもあるかと思いますが、一つの見解として優しい目で見ていただければ幸いです。また間違った情報を見つけられた方はご一報ください。



それではどうぞ!

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
※注意、編集中で追記中です


=お約束事=
・回答は間違っている場合があります。保証しかねます。
・回答できるもの、応えたいもののみチョイスします。
・画像や動画が必要な場合など、用意に時間のかかる場合は後日訂正、掲載する場合があり、時としてすっかり忘れる可能性もあります。
・内容が重複している可能性がございます。また、キーワードで類にするものは省略などを行う場合があります。

Visit(209)、View(257)

◆VideoStudio関連

・VideoStudio 重い
スマートプロキシはつくっていますか?
トラブルシューティングは確認していますか?

・Ultimateの使い方
こちらの動画を参考にしてください。

・VideoStudio13の使い方
こちらを参考にしてください。
http://www31.atwiki.jp/videostudio/pages/34.html

・VideoStudio X3 体験版 制限
SmartDownload機能と追加コンテンツパックはご使用いただけません。
Blu-rayディスクの作成機能は制限されています。

・X3 ダンプファイル (DMPファイル)
これを見る限り、サポートの時に必要になったら求めますけど、それ以外で送られても対処しません。って解釈でいいんでしょうかね。

・NewBlue オーディオ フィルター
ノイズが入ったデータがないので検証しようがないという

・Ultimate X3 使い方 bru-ray オーサリング
Blu-rayね。DVDってなってるところをBlu-rayに切り替えればOKです。

・Videostudio12 COREi7 動画編集 CORE2DUO
12はCore2Duoまでの対応で、X3でCorei7の対応です。
実際にどれぐらいスピードが上がるかというと、公式サイトのスピードがわかりやすいと思います。
こちら(ハードウェアアクセラレーションの項を参照)

・VideoStudio 画質
VideoStudioに限ったことではないですが、動画編集ソフトに付属しているエンコーダーは専用ソフトのそれに比べるとたしかに設定項目も少ないですね。

VideoStudioは平均(上限?)ビットレート、2-pass、品質ぐらいしか設定できないので、 「下限、平均、上限」や「成分分析」ができるソフトのほうがいいでしょう。…私はそんなところまで設定しませんが。(ビットレートを9800kbpsにするだけでもある程度吉とする画質になってくれますよ)

まぁ、VideoStudioX3からMpegファイルが「DVD MPEG2」になってしまって画角の設定の幅が狭くなってしまったのはマイナス評価です。

・VideoStudio 音楽に合わせて
Shiftボタンをおしながらスライダーを動かすと、音楽が流れます。「オーディオビュー」で波形をみながらタイミングを合わせるのもいいでしょう。 音楽や動画のスピードを少し変えたいのなら、タイムラインの、そのクリップの端を   Shiftボタンを押しながらドラッグすると、マッチングできます。一部分だけスピードアップ、ダウンしたいのなら、その区間だけハサミで切り出しましょう。

・mpeg2 透過png 合成
透過pngを別に合成すればいいんじゃないですか?
オーバーレイトラックに載せるだけです。

・corel videostudio エンドロール
これを参考にしてください。

・videostudio ultimate x3 体験版 ライティング
Blu-ray以外なら出来ますよ。

・ulead video studio x3 cuda
VideoStudio Pro X3 もしくはVideoStudio Ultimate X3からの対応です。

・Videostudio12 画像 丸く
マスク&クロマキーを使えば一応丸く切り取れます。

・アップスケール ハードウェアエンコーディング
ハードウェアエンコーディングはNvidiaCudaのみの対応です。
アップスケールはNvidiaの機能ではなく「Corel PureHD」という機能です。
アップスケールはSDサイズからHDサイズに変換するときに自動的に発動するようで
細かい記述がないのでコーレルの公式見解待ちです。


・ビデオスタジオ 左右反転
12までは、フリープラグインのBugerをいれるとできました。
X3からは、フリップというフィルターをかけると左右反転、上下反転が可能です。

・ビデオスタジオ x3 炎
炎を出すことは出来ません。
炎のフィルターが搭載されているのはPowerDirectorとかでしょうか。
でもしっかりしたものはやはりAfter Effectで作るほうがいいのでしょうね。

そのかわりVideoStudioには雨、雷などが搭載されています。
どうしてもVideoStudioで炎を表現したいのなら、
こういった素材を使ったほうが良いでしょう
こんなページもありました

・ビデオスタジオ 画像 下から上
オーバーレイに画像を載せます。
オプションパネルで動きを開始を下、終了を上にします。
途中でとまってほしくないのなら、一時停止の枠を狭めます。

・ビデオスタジオ オリジナルマスク
BMPを読み込ませればOKです。
ペイントでも、GIMPでも、Paintshopでもいいので、
モノクロのBMPファイルを作ってください。
作ったら、マスク&クロマキーのマスクで+ボタンを押して
マスクを増やします。

・ビデオスタジオ 直線
テキストで「------」などと入力して線を作るか、
色をオーバーレイに載せて、上下の幅を狭くするとか
フィルターの雷の振動や派生系の数値を0にすると直線に
なります。
もしくはやっぱりペイントとかで直線を作ってみるのも

◆Painter関連

・Painter11 ブラシ
Painterのブラシは全部で873種類あります。
一覧はこちら

・"ウォッシュブラシ" ペインター
ウォッシュブラシは、デジタル水彩にあるものとつ水彩ブラシにあるものが該当しそうです。書いた瞬間にビャッ!っとなっていくのが面白いですよね。体験版で触るだけでも面白いと思いますよ。

・PhotoshopとPainter
Photoshopは画像編集ソフトとしては最高峰のレスポンスと機能を誇ると思います。しかしながらナチュラルペインティングはPainterに軍配が上がるでしょう。
イラストの機能で比較するのなら、Painterのほうが線も綺麗で塗りやすいです。しかし、クリッピングマスクがない、ブレンドを使うとアルファチャンネルが破棄されるので、レイヤーで塗ろうとしたときにフィルターにしなければならないなど、Photoshopのほうが良い点もあります。(とはいえ、水彩筆などはPhotoshopに元々搭載されていないので比較する対象で見解は変動します)

・Painter 11 ブラシ 厚塗り
私の考え方では「名前にこだわらず、それっぽければそれがその表現ができるブラシ」です。わかりやすいのはやはり油彩ブラシでしょうか。でもパステル系でもそれっぽくなりますし、水彩系もそれっぽく感じる時があります。「だからどうすれば厚塗りになるのよう!」っていわれてもどう仕様も無いですが、まずは塗ること。ぺたぺた塗って、修正も消しゴムでやる部分もあるでしょうが色をとにかく塗っていくとイイ粗さが出てくると思います。(プロとかうまい人から言わせればそんなことないとか色々批判を頂くと思います、素人の考え方なのでご容赦下さい)

・Painter11 カラーマネージメント設定

こちらを参考にしてください。

・Painter 基本
こちらを参考にしてください。


・ ペインター 特殊効果 フェアリーダスト 使い方
これまた答えにくいですね。
ただ単に使えばいいのに。
たとえば黒い背景に黄色でやるとこんな感じになります。
100909-p1-f.PNG
カラーパロメータをいじると
こんな感じにも出来ます
100909-p-f2-2.PNG100909-p-f2.PNG

間隔を広げればダストの数を少なく出来ます
100909-p-f3.png
「こう使わなければならない!」ということはないのですが、使用例を挙げるとするなら
100909-p-f4.png

・油絵 ぼかしブラシ 使い方
油彩カテゴリにぼかしブラシがなかったので
ブレンド系でみてみました。
100909-p-o.png

◆Paintshop関連

・ペイントショップフォトX3 使い方
PaintshopPhoto Pro X3。PaintshopProの響きが好きな私にはまだしっくりこないんですよね。せめてPaintShopPhotoProまで読んであげてください。・・・と話を戻しまして。

PaintshopのX1なら解説のページがあるのですが、たしかにX3に対してはまだ観てないですね。簡単な内容でいいのなら今度作るかも。そりゃすぐは作れませんよ!

・Paintshop プラグイン
Photoshop用のプラグインも流用できる場合があります。詳しくはこちら

・Paintshop 丸く切り取る
簡単に説明すると、「選択範囲する→コピー→新しい画像として貼りつけ」で終了です。
こちらに説明を作りました。

・ペイントショッププロ 書籍
オフィシャルガイドブックが出てますよ!




以上、今回のアクセスログ。クエスチョンでした!
意外とピックアップするの、面倒ですね。毎月分やらなくてもいいかな。と思うようになりました。


各検索キーワード(これらからチョイスしました)
NewBlue オーディオ フィルター
VIDEOSUTUDIO 重い
VideoStudio Pro X3
VideoStudio Ultimate X3 使い方 bru-ray オーサリング
VideoStudio X3 体験版 制限
VideoStudio Ultimate X3
VideoStudio13の使い方
X3 ダンプファイル
Videostudio12 COREi7 動画編集 CORE2DUO
VideoStudio 画質
VideoStudio 音楽に合わせて
mpeg2 透過png 合成
corel videostudio エンドロール
corel video studio 音割れ
ulead video studio x3 cuda
video studio 体験版
videostudio ultimate x3 体験版 ライティング
videostudio12 画像 丸く
videostudio12 フリープラグイン
videosutudio エンドロール
アップスケール ハードウェアエンコーディング
video studio x3 写真  サイズ
コーレルソフトエンコード画質レビュー評価
ビデオスタジオ 左右反転
ビデオスタジオ x3 炎
ビデオスタジオ DMPファイル
ビデオスタジオ 画像 下から上
ビデオスタジオ オリジナルマスク
ビデオスタジオ 直線


◆Painter関連
painter11 ブラシ
"ウォッシュブラシ" ペインター
PhotoshopとPainter
painter 11 ブラシ 厚塗り
painter sai
painter11 デジタル水彩
painter11 カラーマネージメント設定
painter11 油彩
painter11 ストローク
painter ブラシ
painter 基本
ウォッシュブラシ ペインターIX
エアーブラシ 極細
グリス鉛筆
グリース鉛筆
ペインター 直線
ペインター グラフィック スプレー
ペインター11 筆 水筆
ペインター11 直線  ブラシ
リアルドライブラシ
ペインター 特殊効果 フェアリーダスト 使い方
塩粒 ブラシ
擦筆 ペインター
厚塗りブリスル丸筆
水筆 ペインター11
水彩 ウォッシュ
幅広 エアブラシ
油絵 ぼかしブラシ 使い方
油彩 キャメルヘアー丸筆
木炭鉛筆

◆Paintshop関連
ペイントショップフォトX3  使い方
Corel Paint Shop Pro Photo X2 使い方
Paintshop プラグイン
Paintshop 丸く切り取る
paintshop パノラマ
paintshop 引き伸ばし
paintshop プラグイン
paintshoppro 画像 くり抜き
paintshopproプラグイン 
paintshop 枠のぼかし
ハート型 くりぬき
ペイントショップ プラグイン
ペイントショッププロ 本
ペイントショッププロ 書籍
ペイントショップフォトプロX3 使い方
ペイントショッププロ合成 使い方
画像 ハート 切り抜き仕方

◆その他
カムタジア モザイク
CamstudioよりCamtasia
AVCHD 静止画 抽出 フリー
カムタジア モザイク
レベルメーター 音量 gomplayer
新劇場版 ロゴ 作り方

拍手

PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

バーコード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- 勝手な情報局 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ