忍者ブログ

【VideoStudio】メイントラックの開始をずらしたい

【したいこと】
・メイントラックの動画・写真のスタートの時間をずらしたい

【現状】
VideoStudioのメイントラックって、左側に詰めてはいるので、空白を作ることができない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【対応1】
メイントラックを使わない。(メイントラックに何もなくても動画編集は可能です。

【対応2】
カラークリップを使う。
カラークリップは任意の時間だけ伸ばすことができるので、メイントラックの開始タイミングをずらしたり、動画と動画の間に入れることで時間をずらすことができます。

①[編集]ワークスペース→[カラー/装飾]→[カラークリップ]をクリックします。
この矢印の先の[カラークリップ]は、前回選んだものになっているので、[背景]や[カラーパターン]になっていたらそれをクリックして、[カラークリップ]にします。
 

②あとはタイムラインに乗せるだけです。時間はタイムラインドラッグで設定してもいいですし、ダブルクリックしてでてくる右側のプロパティでフレーム単位で調整することも可能です。
 

【配置例】
 

【Q】別に黒い画像でやってもいいんでしょ?
【A】いいんじゃないですか?問題はありません。利点は好きなタイミングで色変えられるとかそういうのです。好きな背景画像があればそれ使ってもいいでしょうし、決まりはありません。白い背景でも好きなものを使ってください。



拍手

PR

【最新】動画編集ソフト ランキング! 【項目別に徹底比較】



「Youtubeやニコニコ動画に動画をアップロードしたい」
「結婚式のプロフィールビデオ」「二次会のビデオを作りたい」
「文化祭の映像を作りたい」「仕事で映像を作りたい」

など様々な用途があって動画編集ソフトを探している人が多くいます。お店に行っていざ購入しようとすると、似たようなものが多くて、結局どれがいいんだか悪いんだかわからないですよね。

パーフェクトなソフトというのはありません。その中でざっくりと私が使った中での「独断と偏見」でランキングを作ってみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

総合ランキング

順位 名前 Amazon価格
(通常版)
備考
1位 Corel VideoStudio Ultimate 20000円
8000円
元々20000円していたソフト。今、安すぎで買い時です。
操作性・機能ともに申し分なく、ベストチョイス!
2位 Cyberlink PowerDirector Ultimate Suite 21000円

14500円
波形編集ソフトや、カラー調整ソフトも同梱している、PowerDirectorシリーズ最上位版。
3位 Corel VideoStudio Pro 15000円
6500円
元々15000円していたソフト。基本的な動画編集から凝ったことも、これ一本で賄えます。こだわりたい人は上位のUltimateをどうぞ
4位 Cyberlink PowerDirector Ultra 11000円 1万円台で珍しく「パーティクル」が可能でキラキラ表現などもできる。タイムラインの操作には若干難あり。
5位 Adobe Premiere Elements 15000円

9500円
Photoshop(画像編集ソフト)で有名なAdobeの動画編集ソフト。「16点ガベージマット」という切り抜きフィルターが良い。
6位 Magix MovieStudio 7800円

6000円
元アメリカのsonyが作成した、音楽編集ソフトが元になっているソフト。軽快な動作が売りで、音楽編集を触ったことがある人には、なじみやすいインターフェイス。


以下、機能別ランキングを見たい人はどうぞ↓

拍手


【最速レビュー】Corel VideoStudio X10 2月17日発売

カナダ Corel Corporation(日本:コーレル株式会社、港区)は2017年2月17日、人気動画編集ソフト「Corel VideoStudio」(コーレル ビデオスタジオ)の最新版 X10 を発売しました。




今回のナンバリングはX10。順番では20にあたります。

では、どのような機能がアップ、変更されているのかをご紹介したいと思います。


拍手


ブログ内検索

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 勝手な情報局 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ